聖イグナチオ教会:子どもたちへの霊的虐待といえる、「子どもミサ」形式での初聖体ミサ

First Communion

 2018年4月8日、聖イグナチオ教会での初聖体のミサに与りました。子どもミサ形式だったのですが、この式次第があまりにひどく、愕然としました。可愛らしい白いドレス、衣服を着ていた子どもたちに対する、霊的な虐待に思えるような代物でした。

 ここに、入手した同式次第を転載し、内容について世に問うてみたいと思います。この記事を読まれた方は、子どもたちと聖イグナチオ教会のためにお祈りをお願いいたします。

 ※ちなみに、当日は「白衣の主日 / 神のいつくしみの主日」の日でした。

子どもとともにささげるミサ 式次第

1 開催
① 入祭のうた

② 入祭のあいさつ
司祭: 父と子と聖霊のみ名によって。
一同: アーメン。
司祭: 皆さん、わたしたちは、イエスさまのお招きによって、ここに集まりました。
父である神さまのお恵みと祝福が、いつも皆さんとともに。
一同: また司祭とともに。

③ こころの準備
司祭: では はじめに、わたしたちが 時々まわりの人を悲しませるようなことをしてしまったことを反省しましよう。

第一形式
司祭: イエスさま、あなたは わたしたちの罪のためにお苦しみになりました。
一同: どうぞ わたしたちを おゆるしください。
司祭: イエスさま、あなたは人々を、父である神さまの周りにあつめるためにおいでになりました。
一同: どうぞわたしたちを導いてください。

司祭: イエスさま、あなたは人々を救うために来られました。
一同: どうぞ わたしたちを お守りください。わたしたちの悪かったことをおわびします。わたしたちが、これから広い心をもって人々のことを考えるようになりますように。
司祭: 神さまが 私たちをゆるし、永遠の命へ導いてくださいますように。
 ※管理人注: 「アーメン」の記載なし

第二形式
先唱: 主キリスト、あなたは今日もみことばによって、わたしたちを養ってくださいます。
一同: 主キリスト、来てください。いつくしみを注いでください。
先唱: 主キリスト、あなたは今日もわたしたちの心に来てくださいます。
一同: 主キリスト、来てください。いつくしみを注いで下さい。
先唱: 主キリスト、あなたはわたしたちを神さまの子どもとしてくださいます。
一同: 主キリスト、来てください。いつくしみを注いで下さい。
司祭: 全能の神がわたしたちをあわれみ、罪をゆるし、永遠のいのちに導いてくださいますように。
一同: アーメン。

④ 栄光の賛歌
司祭: 天には神さまの栄光。
一同: 世界には平和。人々によい心。
神さま、
私たちは、あなたを誉めたたえ、感謝のうたをささげます。
罪をゆるすために、人となり、私たちの兄弟になった神のひとり子イエスさま、あなたは私たちの代わりに、十字架の苦しみを受け、御父におわびしてくださいました。
死からよみがえって、父とともにおられる救い主イエスさま、私たちの祈りを、お聞きください。
神のひとり子イエスさま、
あなたは聖霊とともに神さまの栄光のうちにおられます。
アーメン。

⑤ 集会祈願
司祭: …… わたしたちの主イエス・キリストによって。
一同: アーメン。


2 ことばの典礼
① 第一朗読
② 答唱
 ※管理人注: 「③第二朗読」の記載はなし

④ 福音書朗読
司祭: 主は皆さんとともに。
一同: また司祭とともに。
司祭: ___による福音。
一同: 主に栄光。
(朗読後)
司祭: キリストに賛美。
一同: キリストに賛美。

⑤ 司祭のはなし

⑥ 信仰宣言
一同: 天地の創造主、全能の父である神を信じます。
父のひとり子、わたしたちの主イエス・キリストを信じます。
  ※管理人注: 通常の「使徒信条」と同じのため、省略。

⑥ 共同祈願
代表: 「  」
一同: 主よ私たちの祈りを聞きいれて下さい。
司祭: (まとめの祈り)……私たちの主イエス・キリストによって。
一同: アーメン。


3 感謝の典礼
① 奉納、奉納のうた
② パンとカリスをそなえる祈り
③ 奉納祈願
司祭: 主イエス・キリストによって。
一同: アーメン。

④ 感謝の祈り  ※管理人注: 原文にこの見出しがないので、追記しました。

司祭: 主は皆さんとともに。
一同: また司祭とともに。
司祭: こころをこめて神を仰ぎ、
一同: 賛美と感謝をささげましよう。

司祭: 神さま、あなたは天地を造り、
美しいもので満たして下さいました。
朝日のかがやきはわたしたちを照らし、
夜空の星は、あなたの神秘をうつしています。
あなたは空の鳥、野にさく花を育て、地に住む全ての人に命を与えて下さいます。
一同: 美しい世界を造ってくださった神さまに、賛美と感謝。

司祭: あなたは御子イエスを送り、私たちの兄弟としてくださいました。
イエスは、病人を治し、貧しい人たちを励まし、
子どもたちを抱き上げて祝福してくださいました。
悪いことをして苦しむ人には、ゆるしの喜びをあたえ、すべての人に神のやさしさをあらわしてくださいます。
一同: イエスを送って下さった神さまに賛美と感謝。

司祭: わたしたちは、教皇○○○、司教○○○、
全世界の教会、そしてあなたを尊ぶすべての人、聖母マリア、使徒と聖人たちと
心をあわせてあなたに賛美の歌をささげます。
一同: すべての人の父、神さまに賛美と感謝。

司祭: あなたが下さったものの中から、
わたし達のささげるこのパンとぶどう酒の上に聖霊を送ってください。
その力で御子イエスの御体と御血になりますように。

イエスは、最後の夜、弟子たちとともに夕食をされた時、
パンをとってあなたに感謝の祈りをささげ、さいて弟子たちに言われました。
「みなこれを取って食べなさい。これはあなたがたのために渡される私の体です。」

食事のおわりに、ぶどう酒の満ちた杯を取り、
賛美の歌をささげ、弟子たちに言われました。
「皆、これを受けて飲みなさい。
これは私の血の杯、あなた方と多くの人のために流されて、
罪のゆるしとなる新しい永遠の契約の血です。
これを私の記念として行いなさい。」

主のことばに従ってわたしたちは今、イエスの死と復活を祝います。
イエスは全ての人のために、命をおささげになりました。
一同: イエスを復活させてくださった神さまに賛美と感謝。

司祭: 私たちの父よ、この尊いパンとぶどう酒をあなたにおささげします。
イエスとともに、私たちを受け入れてください。
この食卓を囲み、主イエスの尊い体をいただく
私たちを聖霊の力で生かしてください。
一同: 神さま、私たちの心を一つに結んでください。

司祭: あなたはどんな人も、どんな子どもも決してお忘れになりません。
悲しむ人、苦しんでいる人を力づけ、亡くなったすべての人をあなたの光の中に受け入れてください。あなたがなさるすべてのことに感謝しながら、あなたをたたえます。

司祭: キリストによって、キリストとともに、キリストのうちに、聖霊の交わりの中で、全能の神、父であるあなたに。
一同: すべての誉れと栄光は、世々にいたるまで。アーメン。

⇒ 4「まじわりの儀」へ進みます。




司祭: 主は皆さんとともに。
一同: また司祭とともに。
司祭: 心をこめて神を仰ぎ、
一同: 賛美と感謝をささげましよう。

司祭: 父である神さま、あなたはわたしたちを愛してくださいます。
広く美しい天地を与え、御子イエスを送ってくださいました。
わたしたちは今、喜びと感謝にあふれ、
御子イエスとともに、あなたをたたえて歌います。
一同: 私たちを愛してくださる神さまが、たたえられますように。

司祭: あなたは、この地上に住む一人一人を御子イエスのもとに呼び集め、
わたしたちみんなを一つの家族にしてくださいます。
イエスとともに、あなたを「お父さん」と呼べるのは、とてもうれしいことです。
一同: 私たちを愛してくださる神さまが、たたえられますように。

司祭: 御子イエスは、しあわせをこわす憎しみを、人々の心から取り除くために来られ、弱い人、困っている人、苦しんでいる人の友となって下さいました。
こうしてイエスは、どのように愛したらよいかを示し、みなが神の子となるように導いて下さいます。
一同: わたしたちを愛してくださる神さまが、たたえられますように。

司祭: 天の父よ、イエスが約束して下さった聖霊を送り、このパンとぶどう酒を主イエス・キリストのからだと血にしてください。

わたしたちのためにおなくなりになる前の晩、
御子イエスは弟子たちとともに食事をされました。
そのとき、主イエスはパンをとり、
感謝をささげ、さいて弟子たちに分けながら言いました。
「皆、これを取って食べなさい。これはあなたがたのために渡されるわたしのからだです。」

それからぶどう酒の満ちた杯をとり、感謝し、弟子たちに回しながら言いました。
「皆、これを受けて飲みなさい。
これはわたしの血の杯、あなたがたと多くの人のために流されて罪のゆるしとなる新しい永遠の契約の血です。これをわたしの記念として行いなさい。」

イエスは、わたしたちのために、ご自分のいのちをお与えになりました。
わたしたちは今、イエスの死と復活を祝い、主とともに、このパンとぶどう酒をささげます。
一同: わたしたちを愛してくださる神さまが、たたえられますように。

司祭: 父である神さま、主の食事に招かれた、
わたしたちの上に、あなたの愛の霊を送って下さい。
教皇○○○、司教○○○、あなたの国のために働くすべての人とわたしたちを一つに結んで下さい。
一同: わたしたちを愛してくださる神さまが、たたえられますように。

司祭: 神さま、私たちが愛している人、また愛することができない人のために祈ります。すでになくなった人々とともに、わたしたちがいつか、聖母マリアと聖人たちに迎えられ、あなたの家で喜び祝うことができるようにして下さい。

司祭: キリストによって、キリストとともに、キリストのうちに、聖霊の交わりの中で、全能の神、父であるあなたに。
一同: すべての誉れと栄光は、世々にいたるまで。アーメン。

⇒ 4「まじわりの儀」へ進みます。



司祭: 主は皆さんとともに。
一同: また司祭とともに。
司祭: 心をこめて神を仰ぎ、
一同: 賛美と感謝をささげましよう。

司祭: わたしたちの神さま、天の御父、
あなたはわたしたち一人一人を愛してくださいます。
広く美しいこの宇宙をつくってくださり、わたしたちにいのちを与えてくださいました。
つくられたすべてのものとともに、天の御父、あなたを賛美します。
一同: あなたを賛美します。

司祭: あなたはイエス・キリストを送ってくださいました。
わたしたち一人一人を一つの家族として呼び集め、神さまの子どもとしてくださったのです。
主キリストによって、御父、あなたに感謝します。
一同: あなたに感謝します。

司祭: イエスは、弱い人、貧しい人、困っている人、苦しんでいる人の友となり、
いのちをかけて御父の愛を示してくださいました。
こうして、わたしたたちが神さまの子どもとして生きることができるようにしてくださったのです。
主キリストによって、わたしたちを神さまの子どもとしてくださった御父、
あなたを賛美します。
一同: あなたを賛美します。

司祭: 主キリストは、御父のもとからわたしたちに聖霊を送ってくださいました。
聖霊は、わたしたちが神さまの子どもとして、いつも神さまの愛を行えるように励まし、導いてくださいます。
聖霊によって、わたしたちを導いてくださる御父、あなたに感謝します。
一同: あなたに感謝します。

司祭: 今、聖霊を送り、このそなえものを
主イエス・キリストのからだと血にしてください。

主イエスは十字架につけられる前の晩、弟子たちといっしょに最後の食事をしました。
そのとき、主イエスはパンをとり、感謝をささげ、割って弟子たちに与えて言いました。
「皆、これを取って食べなさい。
これはあなたがたのために渡されるわたしのからだである。」

司祭: 食事の終りに同じようにぶどう酒の満ちた杯を取り、感謝をささげ、
弟子たちに与えて言いました。
「皆、これを受けて飲みなさい。これは私の血の杯、あなたがたと多くの人のために流されて罪のゆるしとなる新しい永遠の契約の血です。
これをわたしの記念として行いなさい。」

司祭: 信仰の神秘。
一同: 主の死を思い、復活をたたえよう、主が来られるまで。

司祭: これこそ救いのわざ、救いの実りです。
主イエスは、わたしたちのために十字架の上でいのちをささげ、
復活し、永遠のいのちの道を開かれました。
わたしたちは今、キリストの死と復活を思い起こし、主が再び来てくださるその日まで
感謝してこのパンと杯をあなたにささげます。
一同: 感謝してささげます。

司祭: 天の御父、主キリストのからだをいただくわたしたちを、
愛の霊である聖霊によって、一つに結んでください。
主キリストがこの地上におつくりになったわたしたち教会が、聖母マリアの取り次ぎと聖人たちの模範に励まされて、終わりなく喜び歌うことができますように。
わたしたちの教皇○○○、司教○○○、そしてわたしたちの祈りを必要とするすべての人のために祈ります。
悲しむ人、苦しんでいる人を力づけ、亡くなった人(○○○)をあなたの光の中に受け入れてください。

司祭: キリストによってキリストとともにキリストのうちに、聖霊の交わりの中で、全能の神、父であるあなたに、
一同: すべての誉れと栄光は、世々にいたるまで、アーメン。

⇒ 4「まじわりの儀」へ進みます。


4 交わりの儀
① 主の祈り
司祭: イエスさまが教えてくださった主の祈りをとなえましょう。

一同: 天におられるわたしたちの父よ み名が聖とされますように。
  ※管理人注: 通常の「主の祈り」と同じのため、省略。

② 平和のあいさつ
司祭: 主の平和がいつも皆さんとともに。
一同: また司祭とともに。
司祭: 互いに平和のあいさつをかわしましょう。
一同: 主の平和

③ 平和の賛歌
先唱: 神の子羊
一同: 世の罪をのぞきたもう主よ、われらをあわれみたまえ。
先唱: 神の子羊
一同: 世の罪をのぞきたもう主よ、われらをあわれみたまえ。
先唱: 神の子羊
一同: 世の罪をのぞきたもう主よ、われらに平安を与えたまえ。

④ 拝領前の信仰告白
司祭: イエスさまの食卓に招かれた者は、幸いです。
一同: 主よ、あなたは神の子キリスト、永遠の命の糧。
あなたをおいて誰のところにいきましよう。

カトリックの信者の方は、丸いパンの形であるキリストの体をいただきます。
ご聖体を拝領される方は、司祭の前にお並びください。
また、洗礼を受けていない方も祝福を受けることができます。
ご希望の方は列に並び、
司祭の前で頭を少しお下げください。

⑤ 聖体拝領と祝福(拝領のうた)
⑥ 拝領祈願
司祭: …… 私たちの主イエス・キリストによって。
一同: アーメン。


5 閉祭
① 派遣の祝福
司祭: 主は皆さんとともに。
一同: また司祭とともに。
司祭: 全能の神、父と子と聖霊の祝福が、皆さんの上にありますように。
一同: アーメン。
司祭: 感謝の祭儀を終わります。行きましょう。主の平和のうちに。
一同: 神に感謝。

② 閉祭のうた


子どもとともにささげるミサ S.P.T.
2001年11月18日作成
 ※管理人注: S.P.T.は 「サブ・プロジェクト・チーム」の略


サイト管理人による備考

・表記のゆれは原文ママです。

・当日は、「④ 感謝の祈り 1」が使用されていたという覚えがあります。

・聖変化の部については、原文では強調等の書式による効果は加えられていませんでした。

・当日配布されたプリント「初聖体ミサ 聖書と典礼」:
子どもミサ 子どもミサ 子どもミサ 子どもミサ