教会の伝統: ベールとラテン語の祈り

maria

本日、とある教会の天使ミサに与りました。

御聖堂に安置されているマリア様の御像を見ると、頭の上に白いベールが被せられていました。純粋に装飾のためなのか、それとも女性信徒へベール着用を勧めるためでもあるのかは分かりませんが、粋な計らいです。

祝福前のお知らせのときに、神父様は「長崎のキリシタンもラテン語で祈っていました。教会の伝統を大切にしていきたいですね」という主旨のことを仰っていました。

教会の伝統を断絶させることなく、引き継いでいきたいです。

教会の入り口にて撮影

冒頭の絵画は、Mikhail Ivanovich Scotti(1814 – 1861)という方の作品のようです。Wikipediaによるとイタリア生まれのロシア人とのこと。