聖体に対する聖トマの祈 (聖トマス・アクィナス)

 

RHYTHMUS S. THOMAE
(ADORO TE DEVOTE)

聖体に対する聖トマの祈
(アドロテ)

Adóro te, devóte, latens Déitas, 
Quæ sub his figúris vere látitas; 
Tibi se cor meum totum súbiicit, 
Quia te contémplans, totum déficit.

パンの形色けいしょくのうちにまことにまします隠れ給う天主、今うやうやしく御前みまえに礼拝し奉る。われは主を認むるちから足らざるにより、わが心を全く主に従わせ奉る。

Visus, tactus, gustus in te fállitur, 
Sed audítu solo tuto créditur; 
Credo quidquid dixit Dei Fílius, 
Nil hoc verbo veritátis vérius.

ここに今、見、触れ、味わうところのみにては、これが主なることを認めがたけれども、ただ耳に聞けるところによりて確信するなり。われは天主の御子おんこののたまいしことを、ことごとく信じ奉る。この真理の言葉にまさるまことは、世にあることなし。

In Cruce latébat sola Déitas, 
At hic latet simul et humánitas: 
Ambo tamen credens, atque cónfitens, 
Peto quod petívit latro paénitens.

十字架上にては天主たるのせいのみ隠れしかど、ここにては人たるの性も共に隠るるなり。されどわれ二つの性の共にましますを信じ、かつこれを公言し、カルワリオにて悔改くいあらためし盗賊の願いしことをわれもまた願い奉る。

Plagas, sicut Thómas, non intúeor, 
Deum tamen meum te confíteor: 
Fac me tibi semper magis crédere, 
In te spem habére, te dilígere.

われはトマの如く御傷おんきずを見ざれども、主のわが天主なることを公言してはばからず。願わくは、われをして主をますますあつく信じ、主に寄り頼み、主を愛することを得しめ給え。

O memoriále mortis Dómini! 
Panis vivus, vitam praéstans hómini! 
Praésta meae menti de te vívere, 
Et te illi semper dulce sápere.

わが主の御死去ごしきょの記念として人に命を与うる活けるパンよ、わが心を御身おんみによりて生きながらえしめ、何時いつもその甘美なる味を覚ゆることを得しめ給え。

Pie pellicáne, Iesu Dómine, 
Me immúndum munda tuo Sánguine: 
Cuius una stilla salvum fácere
Totum mundum quit ab omni scélere. 

御血おんち一滴ひとしずくをもってしても、世のすべての罪をつぐのうを得給えたもう主なるイエズス、願わくはけがれたるわれを、御血をもって清め給え。

Iésu, quem velátum nunc aspício, 
Oro, fíat íllud quod tam sítio, 
Ut Te reveláta cernens fácie, 
Visu sim beátus túae glóriae. Amen. 

聖体の姿のうちに見奉るイエズス、願わくはわがかっするごとく望むところを与え給え。すなわち天国においてあらわに主の御顔おんかおを見奉り、御栄みさかえをあおぎて幸いなるを得しめ給え。アーメン。

Ind. 5 annorum.
Ind. 7 annorum si rhythmus vel postrema tantum stropha recitatur coram Ss. Sacramento.
Ind. plenaria s.c. quotidiana rhythmi recitatione per integrum mensem (n. 166).

五年の贖宥(免償)。
聖体の前で全部または最後の一節だけでも唱えれば七年の贖宥。
一ヶ月毎日唱えれば、通常の条件で全贖宥。

出典・参考図書
ラテン語

・土屋吉正編『LIBER PRECUM 祈祷書』ドン・ボスコ社、1956年、pp.86-88
・A MIDI Collection of Traditional Catholic Hymns  http://romaaeterna.jp/liber1/lu1855.html

日本語訳
・『公教会祈禱文』
※ 贖宥に関しては、祈祷書掲載文をそのまま載せております。

 

聖体
天主は、讃美せられさせ給え。