聖座・典礼秘跡省へ嘆願書を提出しました(9/13着) クリック/タップ

コメント・お知らせ欄

当サイトに対して、もしコメント等がございましたらこちらへどうぞ。
拙ブログ管理人からのお知らせ・コメントなどもここに投稿致します。(試験運用中)

 注意点・お断り
・フォームの末尾に表示されている、ランダム文字の入力も必須です。
・メールアドレスは公開されませんが、当サイト管理人には分かる仕様です。
・必ずしもコメントに返信できないことをご了承いただけましたら幸いです。

21 COMMENTS

サイト管理人

11月4日、パチャママ像をテヴェレ川へ落とした本人がYouTubeに顔出し動画をアップしました。オーストリア人とのこと。
https://youtu.be/1p74CEA1_go

Catholic Herald誌が記事の末尾で言及している、この動画の説明文に記載されているリンクについては、確かに気になります。
https://catholicherald.co.uk/news/2019/11/04/austrian-man-claims-he-threw-pachamama-statues-into-the-tiber/

返信する
サイト管理人

パチャママ像はテヴェレ川から回収されてシノドス・ホールやカルメル教会に戻りました。

アマゾン・シノドスの最終文書における全ての提案、すなわち特定の場合の既婚者の叙階や、女性助祭を検討する委員会の設置などについて、委員会の3分の2の承認を得て通過したようです。

なお、数日前にこの最終文書の作成者達の情報は不明瞭という旨の報道がなされていました。

返信する
サイト管理人

1981年のヨハネ・パウロ二世教皇様訪日の広告を電通が担当していたと今日知りました。
https://shop-pauline.jp/?pid=27229609

今回もやはりそうなのでしょうか。

前々から、ポスターのキャッチコピーや各種グッズ、訪日特設サイトの雰囲気などから広告代理店の存在を感じてはいましたが…。

返信する
サイト管理人

リンク先の本をざっと読んでみたところ、博報堂も広報活動に関わっていたとのことでした。

両広告代理店から「教皇訪日時の広告活動業務をまかせて欲しい」という要請が提案書とともになされ、
カトリック広報委員会(鹿児島・糸永司教様が当時の委員長)が検討した結果、
自分達で出来る範囲で広告業務をするのではなくて、電通と博報堂へ依頼することに決めたという経緯が書かれていました。

当時の日本の主要都市での「大ヴァチカン展」@そごう百貨店(長崎は長崎新聞社)も、電通が提案した企画だったようです。

返信する
サイト管理人

本日9月29日は大天使聖ミカエルの祝日です。そして、大天使聖ミカエルは日本の教会の守護者です。

今日のミサ聖祭で、大天使聖ミカエル関連の祈りを唱えた教会は日本にあったのだろうか、とふと思いました。「サタン及びその他の悪魔」から日本の教会が守られるために祈りたく存じます。

返信する
サイト管理人

大天使聖ミカエルに向う祈り

天軍の栄えある総帥、大天使聖ミカエルよ、かつて悪魔の大軍が全能なる天主に反きし時、御身は『たれか天主にしくものあらん』と叫び、あまたの天使を率いてかれらを地獄の淵に追い落とし給えり。
故に公教会は御身をその保護者となし、特に日本公教会は、御身をその守護者と崇め奉る。

▲願わくは霊戦に当りて我らを助け、悪魔を退け給え。我らをして御身にならいて、常に天主に忠実ならしめ、その御旨を尊み、その御戒めを守るを得しめ給え。
かくして我ら相共に天国において天主の御栄えを仰ぐに至らんことを。御身の御取次によりて天主に願い奉る。アーメン。

参考サイトページ(聖ミカエルへの祈り): http://hoarun.web.fc2.com/st.htm

返信する
サイト管理人

NTT系機械翻訳サービス「みらい翻訳」(正式商標: Mirai Translator)のお試し翻訳、おすすめです。1回2,000文字までであれば何度でも利用できます。

https://miraitranslate.com/trial/

英語⇔日本語間の翻訳だとGoogle翻訳よりも高精度です。日本語訳は自然でなめらかな文章となります。公式サイトによると、「和文英訳がプロ翻訳者レベル、 英文和訳はTOEIC960点レベル」とのこと。ただし、キリスト教系の固有名詞の翻訳はGoogle翻訳の方がおおむね正確です。また、意味不明だと認識された固有名詞の箇所は訳されません。

***
① 日本語文章をみらい翻訳で英訳⇒ ② Grammarly (文法・スペル自動チェッカー)で確認の2工程を経ることで、英語が得意ではない自分でも、比較的まともであろう文章をすばやく書くことができるようになったのは嬉しい限りです。もちろん、AI技術の進歩を手放しで喜んでいるわけではありませんが…。

返信する
サイト管理人

現在Laudateのトップページ「教会をたずねて」に掲載されている調布教会(サレジオ神学院、チマッティ資料館が同敷地内に有り)は、御聖櫃を設置している場所の形が三角形で、ちょうど目のような部分に聖体ランプが一つついている奇妙な造形です。現物ではなく、ディスプレイ上の画像で見てもよく分からないかもしれませんが…。

同じくサレジオ会の足立教会には、聖堂内陣の正面の壁にプロビデンスの目のステンドグラスがはめ込まれています。
参考 ttp://catholic-adachi.holy.jp/gallery.html

明らかに奇妙な造形物がそこかしこの日本の教会にあるのに、なぜ誰もカトリックの雑誌などで書いたり、報道しないのだろう?と思います。

8月14日、聖コルベ神父様の記念日、聖母被昇天の祝日の前日に。

返信する
サイト管理人

以前より書こうと思っている題材だけど、なかなか時間がないのでここに載せておきます。

◼️ グッチと一つ目

Gucci Garden @フィレンツェ

 一つ目
ttps://www.gucci.com/jp/ja/st/stories/inspirations-and-codes/article/gucci_garden

今年の5月にこのサイトを見たときにはトップページからして某「一つ目」感満載だったのですが(※)、今は色々と見て回らないとよく分かりません。

※ スクリーンショットをスマホに保存しました。

参考ページ(画像検索)
一つ目グッズ満載です。
https://www.google.com/search?q=gucci+garden&hl=ja&prmd=ismvn&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwi0y8jz6OrjAhWxHqYKHXm2AHgQ_AUIFSgB&biw=375&bih=553

Gucci Equilibrium

こちらも一つ目&天秤&オリーブ(?)
堂々とたるあからさまなデザインです。
ttp://equilibrium.gucci.com/?utm_medium=gucci.com&utm_source=gucci.com_jp&utm_campaign=equilibrium_launch_june18&utm_content=logo

Gucci Equilibrium: 6月5日の「世界環境デー」に合わせて、人々・地球・目標に焦点を当てたポータルサイト名とのこと。2018年オープン。

ピラミッドの中に一つ目服 (No.43)
ttps://www.vogue.com/fashion-shows/fall-2016-ready-to-wear/gucci/slideshow/details#43

返信する
サイト管理人

念のために、画像検索結果以外は直リンしないようにしました。(最初のhを削除)

返信する
サイト管理人

こちらはジバンシィ

「Illuminati knit jumper」
ttps://www.farfetch.com/au/shopping/men/givenchy-illuminati-knit-jumper-item-12134825.aspx

Tシャツ
ttps://www.ikrix.com/jp/illuminati-print-cotton-t-shirt-givenchy-56979

名称からしてあからさまです。

返信する
サイト管理人

従前よりTwitterのbotを作ってみたかったこともあり、「新約聖書ラゲ訳bot」なるアカウントを作成しました。
https://twitter.com/rageyaku_bot

エミール・ラゲ師(Émile Raguet; 1854-1929)による新訳聖書(我主イエズスキリストの新約聖書)のbotです。頻度は「1日1~数回」の予定。いつまで運用するか分かりませんが…。

※ botでは自動返信を設定しています。

返信する
サイト管理人

Catholic Herald誌に、或る神父様が以下の記事を寄稿されています。(2019年7月18日付け)

司祭の「御聖体への敬意の欠如」についても触れられています。
舌で拝領しようとする信徒が屈辱を与えられることについても。
コメント欄をご覧になっている方々へ参考までに。

The hardest thing about my last 20 years as a pries
https://catholicherald.co.uk/magazine/the-hardest-thing-about-my-last-20-years-as-a-priest/

“You would be hard-pressed to convict anyone today on the evidence of the way our liturgy is celebrated in most places. People are discouraged from genuflecting to the tabernacle or kneeling to receive Holy Communion. In some cases, they are humiliated for receiving on the tongue. Priests affirm that God is perfectly delighted that people talk rather than pray in church before and after Mass. The habitual use of extraordinary ministers of Holy Communion in contravention of the norms, to the point where they have become a kind of quasi-hierarchical order in the Church, has hardly helped encourage faith in the Real Presence. This is particularly so when they are so inadequately formed that they explain their role as “giving out the wine” at Mass.”

返信する
Leon

はじめまして。那覇教区信徒のLeonと申します。G教会でミサに与った時、信徒が少ないのに司祭が侍者と女性信徒にご聖体を配らせて、彼は座っていました。あとで話した時の反応からおそらく聖体授与の臨時の奉仕者の教育を受けていないと思います。完全にどうかしています。

もし問題があればメールでの返信とコメントの削除をお願いします。

返信する
サイト管理人

はじめまして。コメントありがとうございます。こちらとしては、何も問題はございません。
もし後日になってコメントを修正 or 削除したいと思われましたら、その旨書き込んでいただけましたらと存じます。

そのG教会の件は、大変嘆かわしいですね…。

聖体拝領に関するアンケートでのコメントでも同様のケースを伺いましたが、もしかすれば他の教会でも同様のケースがまだあるのではないか、という気がしてきました。

高位聖職者様方がこちらのコメント欄をご高覧になり、指導されることを祈ります。

返信する
サイト管理人

「舌による聖体拝領」に伴う被害防止対応について、司教協議会へ嘆願書を書きました。アンケート調査結果とあわせて、ご報告のG教会についても申し述べさせていただきました。
嘆願書は本日AMに到着しております。

司教様方が御対処されるようにお祈りくださいますよう宜しく御願い申し上げます。

返信する
にっしゃん

「被害」ではなく、司祭による「典礼規約違反」が正しいと思います。

返信する
サイト管理人

はじめまして。

神父様方が淡々とした態度で舌による拝領希望者を断っていたのであれば、そのように規約違反(教会法違反、指針『あがないの秘跡』無視)と書いていたかもしれません。ただし、実際には信徒を侮辱する、怒声を浴びせるなど、常軌を逸した態度で拒否する神父様方ばかりですので、「被害」という表現を用いております。もし違反という表現を用いるのであれば、「愛の掟」違反だと書き記したく存じます。

また、もう一方のコメントについては自動的にスパム扱いされてしまいましたので投稿が表示されておりませんが、拝読しました。ご質問の件については勿論存じております。
洗礼志願者が希望している「受洗後の初聖体での」舌による聖体拝領に対して、手による聖体拝領をするように強要したという文意でございます。

サイト管理人

旧コメント欄はスパム、登録不可などの問題があったので閉鎖しました。
今までコメントして下さったお二人につきましては、申し訳ございません。
(旧コメント欄はHTMLファイルにて保存しております!)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください