聖座・典礼秘跡省から御返信が届きました。 クリック/タップ

コメント・お知らせ欄

当サイトに対して、もしコメント等がございましたらこちらへどうぞ。
拙ブログ管理人からのお知らせ・コメントなどもここに投稿致します。

 注意点・お断り
・フォームの末尾に表示されている、ランダム文字の入力も必須です。
・メールアドレスは公開されませんが、当サイト管理人には分かる仕様です。
・必ずしもコメントに返信できないことをご了承いただけましたら幸いです。

131 COMMENTS

サイト管理人

Magne Pater Augustineという聖アウグスティヌスに対する讃歌があると、以下の記事を(自動翻訳で)読んで知りました。

Sant’Agostino e l’essenziale del canto nella liturgia(2021年8月28日)
https://lanuovabq.it/it/santagostino-e-lessenziale-del-canto-nella-liturgia

A Proper Hymn for St Augustine(2019年8月28日)
https://www.newliturgicalmovement.org/2019/08/a-proper-hymn-for-st-augustine.html

聖アウグスティヌス、われらのために祈り給え。

返信する
サイト管理人

Traditionis Custodesの適用状況についての取りまとめサイト(投稿制?)がございました。

https://traditioniscustodes.info

たとえば、コスタリカはトリエントミサが全停止となっている司教区が7つもあるようですが、投稿されている各国司教区204件分のうち、8割以上(172/204)は一切中止されていないようです。

返信する
サイト管理人

ローマ公教要理 第六章 第五戒、第七章 第六戒をアップしました。

第五戒
1-12 | 動物を殺すこと、偶発的・間接的・正当防衛のための殺人、怒りについて
13-25 | 殺人罪のもたらす害悪、敵に対する愛・ゆるし、憎悪は多くの罪を生む

第六戒
1-13 | 姦淫について、肉欲に勝つためには、化粧や衣装に注意、霊的手段・節制・犠牲

第五戒「12 怒りについて」において「兄弟に向かって怒る人はたとえ怒りを内心に隠していても、咎めを免れないこと、その怒りをなんらかの形で爆発させた人は重い罪をおかすこと、兄弟を虐待したり侮辱することを恐れない人は、さらにいっそう重い罪をおかすことは明らかである。」とあります。

また、「24 憎悪は多くの罪を生む」において「憎悪をもっている人はしばしば罪をおかす。実際、憎んでいる相手のことばあるいは行いを、どうして是認することができようか。そこから思慮を欠いた不正な判断、怒り、ねたみ、悪口、その他似たような罪が出て来る。」とも記されています。

現在の教会の惨状や新型コロナ騒動(狂騒)において、人々の憎悪をかき立てるような種々の誘導、プロパガンダがあると感じます。警戒して祈りたいものです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください