聖座・典礼秘跡省から御返信が届きました。 クリック/タップ

ローマ公教要理 索引(十戒の部)

神に感謝

十戒の部
 十戒の部(目次含む)のトップページ

1 十戒はすべての掟の概要である
2 十戒について学び、それを説明すべきこと
3 十戒を定めたのはだれか
4 掟の遵守を助けるもの
5 掟は大きな恵みである
6 あれほどの荘厳さをもって掟が与えられたわけ
7 掟を守ることは愛することである
8 すべての人が掟を守らなければならない
9 掟を守ることによって与えられる恵み
10 掟を守る人々に約束された報い
11 イスラエルの歴史と十戒
12 イスラエルが神の民として選ばれたわけ
13 イスラエルが苦しめられたわけ
14 十戒が授けられた時と場所について

1 第一戒の意味と内容
2 第一戒が信者に求めていること
3 第一戒で命じられていることと、禁じられていること
4 第一戒には信仰、希望、愛が含まれている
5 否定形で言われているわけ
6 第一戒は十戒の中で最大の掟である
7 この掟にもとるおもな行為
8 聖人たちに対する崇敬について
9 天使に対する崇敬について
10 天使に対する祈願
11 聖人たちへの祈りと聖遺物の崇敬について
12 このような信心の妥当性について
13 聖人たちへの祈願は信仰の不足によるものではない
14 キリストによる仲介も損なわれない
15 聖遺物のもつ効力について

16 第一戒の後に続くことば
17 聖画や聖像を用いることは第一戒にそむかない
18 聖画や聖像の使用が第一戒にもとる場合
19 第一戒の第二部の意味
20 三位一体のペルソナの聖画について
21 天使の聖画や聖像について
22 聖霊を示す鳩について
23 キリストや聖人たちの聖画や聖像を崇敬すべきこと
24 聖画や聖像の正しい用い方
25 第一戒の説明として付加されたことば
26 付録の説明の仕方について
27 「力強い神」ということばについて
28 「ねたみ深い神」とは
29 神のねたみとは何か
30 神の脅しの意味
31 先祖の罪の罰は子孫にまで及ぶ
32 子孫に及ぶことの意味
33 掟を守らない人は神を憎んでいる。
34 掟を守る方法と理由

1 第二戒が定められたわけ
2 第二戒に関する説明の重要性
3 第二戒によって命じられていることと禁じられていること
4 神の御名とは何か
5 神を賛美する方法
6 その他の方法
7 誓いを濫用してはならない
8 誓いにおける証人
9 呪いの誓いについて
10 誓いの種類について
11 正しい誓いのための条件
12 真実をもって誓うこと
13 判断をもとに誓うこと
14 正義をもって誓うこと
15 誓いが許される場合

16 誓いの源について
17 誓いの目的について
18 キリストによる誓いの禁止
19 むやみに誓ってはならない
20 神の御名の濫用と偽りの誓い
21 偽りの誓いとは
22 その他の偽りの誓いについて
23 約束を守らない人は偽りの誓いをたてたことになる
24 正義にもとることを誓ってはならない
25 ささいな証拠をもとに誓ってはならない
26 偽りの神々にかけて誓ってはならない
27 聖書に対する尊敬
28 神に依り頼まないものは罪をおかす
29 冒瀆について
30 それらの罪に対する罰

1 第三戒によって命じられていること
2 信者たちにこの掟を思い出させるべきこと
3 君主や為政者による協力
4 第三戒と他の掟との違い
5 キリストのご死去以来、安息日は変わった
6 第三戒と十戒の他の掟との比較
7 主日は使徒たちによって定められた
8 「安息日を聖とすることを記憶せよ」ということばの意味
9 安息日(sabbatum)という語の意味
10 安息日を聖とするとは
11 以上の意味の要約

12 第三戒の第二部について
13 安息の日の選択と決定について
14 安息日はしるしである
15 霊的安息とは
16 天的安息とは
17 その他の祝祭日
18 安息日が主日に変わったわけ
19 教会の祝祭日
20 週日を大切にすること
21 主日に禁じられていること
22 礼拝のための労働は禁じられていない
23 その他、主日に許されていること
24 家畜も休ませること
25 主日になすべきこと
26 神が主日をお定めになったわけ
27 第三戒によってもたらされる恵み
28 この掟をないがしろにする人々について